1991年12月に貴重な日本公演が行われました。この日本限定ツアーは様々なブートレッグが出ていますが、やはりオフィシャルCDが一番です。ただしクラプトンの演奏曲が数曲省かれているのが残念ですが、George HarrisonファンにとってはBeatlesでのヒット曲も混じえた最高のライブCDになっています。

  1.  I Want To Tell You 
  2. Old Brown Shoe 
  3. Taxman 
  4. Give Me Love (Give Me Peace On Earth)
  5.  If I Needed Someone 
  6. Something 
  7. What Is Life 
  8.  Dark Horse 
  9.  Piggies 
  10.  Got My Mind Set on You (4:56)
  11. Cloud 9 
  12. Here Comes The Sun 
  13.  My Sweet Lord 
  14.  All Those Years Ago 
  15. Cheer Down 
  16. Devils Radio 
  17.  Isn’t It A Pity 
  18. While My Guitar Gently Weeps 
  19. Roll Over Beethoven 

 1991年12月15日 東京ドーム

これで、FAB4ではJohn Lennon以外の3人は見たことになりました。Georgeが楽しそうで、心が温かくなる良いコンサートでした。中学3年で洋楽に目覚めてすぐBeatlesに夢中になり、すぐGeorgeの「素敵なダンス」がお気に入りの曲になりました。中高時代にBeatlesは別格の存在でそれ以来20数年たってからついにライブを観れた感激は、言葉では表せきれないものがあります。日本によくぞいらしてくれましたって感じです!

01. Opening Buzzer 02. Announcement/SE 03. enters the stage 04. I Want To Tell You 05. Old Brown Shoe 06. Tax Man 07. Give Me Love 08. If I Needed Someone 09. Something 10. What Is Life 11. Dark Horse 12. Piggies 13. Pretending 14. Old Love 15. Badge 16. Wonderful Tonight 01. Got My Mind On Set On You 02. Cloud Nine 03. Here Comes The Sun 04. My Sweet Lord 05. All Those Years Ago 06. Cheer Down 07. Devil’s Radio 08. Isn’t It A Pity 09. While My Guitar Gently Weeps – encore 10. Roll Over Beethoven

 Band Lineup: George Harrison: Guitar, Vocals// Eric Clapton: Guitar, Vocals/ Nathan East: Bass, Vocals/ Steve Ferrone: Drums/ Chuck Leavell: Keyboards/ Greg Phillinganes: Keyboards/ Ray Cooper: Percussions/ Andy Fairweather Low: Guitar/ Katie Kissoon: Backing Vocals/ Tessa Niles: Backing Vocals

North American Tour – Long Beach CA, USA – 10th November 1974

有名な1974年North American TourのLong Beach Liveです。解散後初のツアーはあまり評判は良くなかったらしいですが、生のジョージが観れるだけでも幸せだと思うんですが。。01. Hari’s On Tour (Express) 02. While My Guitar Gently Weeps 03. Something 04. Sue Me Sue You Blues 05. For You Blue 06. Give Me Love (Give Me Peace On Earth) 07. In My Life 08. Maya Love 09. Nothing From Nothing 10. My Sweet Lord 11. Interview George & Levi Booker of KLOL 12. Part 2 13. Part 3

Beatles解散後も各メンバーのソロ活動を追っていましたが、特にGeorgeの素晴らしさと言ったら!ソロ1作目が超名盤で、2作目も最高、慈愛の輝きもやさしさに包まれた名盤ですし、その後もヒット作がいくつもあります。解散してから本当の才能が開花したんでしょうね。

  • All Things Must Pass(1971年)
  •  Concert for Bangladesh(1971年)
  • Living in the Material World(1973年)
  • Dark Horse(1974年)
  • Extra Texture (Read All About It)(1975年)
  •  The Best of George Harrison(1976年)
  • Thirty Three & 1/3(1977年)
  • George Harrison(1979年)『慈愛の輝き』
  • Somewhere in England(1981年)
  • Gone Troppo(1982年)
  • Cloud Nine(1987年)
  • Live In Japan(1992年)
  •  Brainwashed(2002年)
  •  Traveling Wilburys, Volume 1(1988年)
  • Traveling Wilburys, Volume 3(1990年)

Concert for Bangladesh

1971年8月1日に、Georgeが中心となって主催したロック界初のチャリティコンサート。音楽的にもクラプトン、ディラン他、スワンプ系のミュージシャンが集まった素晴らしいコンサートで、インド音楽にはあまり興味のない一般ロックファンからも大賛辞を受けた大ヒットアルバムです。ソロになってからあまりライブをやらなかったGeorgeですが、Beatles解散後のGeorgeのステージを聴ける、観れるといった喜びを世界中のファンに与えた記念すべきライブ盤です。All Things Must Passの大成功を受け、Beatles時代の曲(Here Comes The Sun)も含めてのお披露目と言ってもいいでしょうか? 色んな意味で歴史的ライブ盤ですね。